店舗案内

お菓子の安寿真について

当店では、ひとりひとりのお客様との出会いを大切にしています。
ご来店いただいたお客様と出会えること、お菓子をお召し上がりいただけることが何よりの楽しみです。
そのため、店内はいつでも清潔であること、豊富なラインナップでお出迎えすることを心がけ、
美味しいお菓子があるというひとときを感じていただけると幸いです。
北海道産の素材をふんだんに使用した、手作りのお菓子です。
皆様の笑顔を思い浮かべながら、ひとつひとつ丁寧に手作りするこだわりの味を
是非、お召し上がりください。

お菓子の安寿真について
ふるさとは夕張

ふるさとは夕張

当店は昭和43年、お菓子作りが盛んだった北海道夕張市に産声をあげました。
当時、炭坑で栄えていた夕張では、働く人々のエネルギー源として甘いものが好まれていました。また、小樽市や札幌市とのやり取りや往来が活発だったことから、手土産にお菓子が喜ばれていたのです。

ふるさとは夕張

満州国で生まれ3歳から夕張に住んでいた当時の店主 東英希。
チャレンジ精神旺盛だった彼は、昭和34年から美唄市にある洋菓子屋「長栄堂」で、寝る間も惜しみ、約10年間住み込みの修業を続けていました。

昭和43年、夕張東町に「あずま」を開店。炭砿労働者たちに滋養があり、美味しいお菓子を食べてもらいたいという想いでできたお菓子が「黒ダイヤカステラ」です。
そして、万人に愛されるお菓子作りを目指し、ふるさと夕張市の銘菓としてお土産を作りたいと思い、試行錯誤の末に誕生したのが夕張銘菓「ユーパロ」だったと伝えられています。
独創的で甘く美味しいお菓子は、たちまち地域の人気お菓子となりました。

札幌へ進出、拠点を北広島へ。

札幌へ進出、拠点を北広島へ。

昭和46年には夕張市青葉町に店舗を出店、夕張名物といわれるまでに成長しました。さらに、全国にも通じる洋菓子店を夢見て、青函トンネル開通を契機に札幌へと目を向けました。「お菓子の安寿真」の誕生です。
そして昭和62年、北広島市の朝日町に北広島1号店を出店しました。平成元年には恵庭市駒場にも出店させ、平成6年には大曲店を出店。
地域の名前をいただいたお菓子などを作らせていただき、「北広島銘菓」としても愛されるようになりました。

店舗概要

お菓子の安寿真 北広島店

お菓子の安寿真 北広島店
お菓子の安寿真 北広島店
店舗名 お菓子の安寿真 北広島店
住所 〒061-1123 北海道北広島市朝日町1-4-7
アクセス JR千歳線 北広島駅から徒歩18分
TEL 011-372-0123
FAX 011-372-1115
営業時間 9:00~20:00
定休日 年中無休(元旦のみ休日)
イートイン 有り
駐車場 有り(3台)
クレジットカード 利用不可

お菓子の安寿真 大曲店

お菓子の安寿真 大曲店
お菓子の安寿真 大曲店
店舗名 お菓子の安寿真 大曲店
住所 〒061-1272 北海道北広島市大曲末広2-1-2
アクセス JR千歳線 北広島駅から車で13分
TEL 011-376-4355
営業時間 9:00~19:00
定休日 年中無休(元旦のみ休日)
イートイン 無し
駐車場 有り(2台)
クレジットカード 利用不可